カテゴリー
FPS PUBG

【PUBG】初心者向け!AIMについて

今回は、PUBGでリコイル制御を行いながら敵に照準を合わせ続けるAIM(エイム)の方法について初心者向けに紹介していきたいと思います。

リコイル制御は銃を発砲した際の反動を制御することですが、反動を抑えるだけでは敵に弾を当て続けることはできません。実際には敵が動いていることが多いですから・・・。

FPSゲームでAIMを行う方法は、敵の移動方向に合わせてマウスを動かし、敵を正面にとらえ続けることなのですが、リコイル制御を行いながら、敵にAIM合わせ続けるのは正直難しいです。

その難しいAIMを頑張って合わせ続けて、敵を倒すことがFPSゲームの醍醐味の一つなわけですが・・・。

AIMの難点

AIMを合わせ続けることを難しくしているのは、先ほども言ったリコイル、つまり銃の反動によるものが大きいと思います。

敵が右に行ったので、マウスを右に動かしたら、横反動の影響を受けて、思ったよりも右に視点移動してしまったり、逆に思ったより視点移動しなかったりすることで、弾が敵の横を飛んでいくということはよくあることです。

マウス操作以外のAIMを合わせる方法

敵からAIMが一度ずれた状態から再度敵に弾を当てるためには、もう一度マウスを移動・調整して視点を修正する必要があります。しかし、AIMし続ける方法はマウスを操作して視点移動することだけではありません。

ここからがこの記事の本題ですね。

マウスで視点移動する以外のAIMを合わせる方法は、PUBGであれば2つあります(他にもあるかもしれませんが・・・)。

1つ目は、「プレイヤー自身が移動する方法」です。仮に敵が右に動いたとしたら、自身も右に動くことでAIMを右に修正することができます。逆もまた然りです。

ちなみに、しゃがみや伏せを使えば縦の修正を行うこともできます。伏せはその状態になるまでに大きく視点がぶれるので、基本はしゃがみやその状態からの立つ動作で修正します。

蛇足ですが、特にFPPで敵とゼロ距離で遭遇してしまったときには、しゃがみは有効的です。敵の視点からは消えたように見えるためです(特にFPP)。

2つ目は、「リーンをする方法」です。またも敵が右に移動したとしたら、右リーンをすることでAIMを右に修正できます。

注意点

上の2つの方法にはいくつかの注意点があります。

まずは、それらがいつでも有効というわけではない点です。特に1つ目の移動する方法は、遮蔽に隠れてリーンしている状態でやると、体が出てしまったりして、隠れてリーンしている意味がなくなってしまいます。

AIMをした状態で敵を追って移動し、気づいたら遮蔽から体が全部出てしまっているというような状況は、初心者に限らずありがちなことで、その結果、撃ち合いに負けたり、撃っている敵と違う敵の的になってしまうことがあります。移動を用いてAIMすることが癖になっている人ほど注意が必要です。

逆に、体が見える位置に敵が移動してきても、遮蔽の裏に移動しながら撃つことで、体全体を常にさらさずに撃ち続けることもできます。こちらはAIMのためではありませんが・・・。

次に、AIM中に移動すると移動によるブレが発生してしまう点です。特に立った状態だとより大きいブレが発生するので、逆にAIMが難しくなります。しゃがんだ状態であれば、移動の始めにわずかに視点が上に上がりますが、それを意識して制御してしまえば、他のブレは気にならないレベルです。なので、移動を用いてAIMを合わせる際は、しゃがんだ状態で行う方がやりやすいです。

最後に、リーンによる修正は水平な方向ではない点です。リーンを行うと視点が斜め下にずれるので、それを意識したリコイル制御が必要です。

他にもあるかもしれませんが、主なものはこれくらいだと思います。

まとめ

今回のポイント:AIMを合わせる方法はマウスを動かすことだけではない。

  • 移動によって横に視点をずらせる。
  • リーンによって横(斜め下)に視点をずらせる。

AIM中の移動や伏せ、リーンといったものは、敵のAIMから自身のヘッドライン(頭の位置)や体自体をずらす目的で行われることも多いので、そういった行動をとりながらAIMを合わせ続ける練習を行うのも良いと思います。

カテゴリー
FPS PUBG

超初心者向け!FPSでのリコイル制御の方法

今回はFPS/TPSを始めたばかりという人向けにリコイル(反動)制御について説明したいと思います。

今回利用する画像は主にPUBGのものですが、ApexやFORTNITEといった他のゲームでも基本的には同様だとおもいます。

縦反動(縦ブレ)の制御

まず、上の画像はADS(サイトを除いた状態)でリコイル制御を行わずに4回壁撃ちしたものです。ARやSMGといたフルオート武器(画像はM416)はリコイル制御を行わないと赤矢印で示したように銃の発砲による反動で下から上に銃口が上がっていってしまいます。

多くのゲームでは弾をある程度当て続けなければ敵を倒すことができません。しかし、上の画像のように着弾点が上がっていくようでは弾を当て続けることはできません。

ではどうするか?

「リコイル制御」によって銃口が上がっていくことを抑えればいいだけです。

方法は簡単です。FPSゲームでは「発砲による銃口の上昇=視点の上昇」であるためプレイヤーの視点を下向きに移動してやればいいだけです。

つまり、プレイしているデバイスがマウスであればマウスを手前に引く、DUALSHOCK等のコントローラーであれば、Rスティックを手前に倒すだけです。

リコイル制御の際に、どれくらい手前に引け(倒せ)ば良いのかというのは、銃やそれに付いているアタッチメント、プレイしているゲーム等によって、銃口の上り幅(縦反動)が変わりますし、プレイヤーの視点感度でも違いが出てくるので、一概には言えません。

因みに、Apexであれば、上の画像のように途中から上にほとんど上がらないような武器もあるので、それぞれのゲームでトレーニングモードなどを利用して、実際に撃ってみることで確かめてみてください。

横反動(横ブレ)の制御

先ほどは縦反動について説明しましたが、次は横反動についてです。上の画像を見てわかるように、発砲時の反動(銃口の上昇)は完全な上方向ではなく、斜め上になっています。

そのため、真っすぐにマウスを引く(Rスティックを倒す)だけでは、上の画像のように左右に銃弾がブレてしまいます。

この横反動を制御する方法は、縦反動と同じようにブレた方向と逆方向にマウスを移動する(またはRスティックを倒す)だけです。

つまり、マウスを斜め手前に引く(またはRスティックを斜め手前に倒す)だけで縦横両方の反動を制御でき、銃弾の着弾点を一か所に集中させることができます。

反動のランダム性

先ほど「引く”だけ”」と、いかにも簡単そうに言いましたが、実際はそんなに簡単な話ではありません。その理由は、反動のランダム性にあります。

何度も同じ画像で恐縮なのですが、もう一度この画像を見てください。4度の壁撃ちによって描かれた4曲線はすべて違った形をしています。

これは、発砲時の横反動にランダム性があるためです。

縦反動にもランダム性がありますが、上の画像の銃痕の間隔からもわかるように、縦のランダム性はそれほど大きくないですし、上に上がっていくだけで、下に下がることはないので、それほど気になりません(あくまでPUBGの場合ですが・・・)。

しかし、横反動は左右のどちらにもブレる可能性があります(あくまでPUBGの場合ですが・・・)。左右どちらにブレるか予測できないため、ただ手前に引くだけでいい縦反動と違い、臨機応変に対応しなければならない横反動は難易度が上がります。

ゲームによる違い

少し触れましたが、PUBGでは反動のランダム性が強く、特に横反動の方が制御が難しいと思います。

しかし、Apexであれば、上の画像のように、若干のランダム性はありますが毎回同じようにブレてくれます。こういったものであれば、銃ごとに縦ブレ・横ブレするタイミングをつかめば、リコイル制御がやりやすくなります。

このようにゲームごと、銃ごとに反動の特性が変わってくるので、先ほども言いましたが、トレーニングモード等で確認することをお勧めします。

しゃがみ撃ちについて

多くのFPSゲームでは、立っている状態よりもしゃがんだ状態の方が反動が小さくなります。

上の図は左から伏せ、しゃがみ、立ちの状態でそれぞれ壁撃ちしたものです。伏せ < しゃがみ < 立ちの順で反動が大きくなっているのがわかると思います。

PUBGでは伏せがありますが、その状態になるときや立つときに多少の時間がかかること、撃っている最中は移動できない等の理由で、実践ではよくしゃがみ撃ちが使われます。しかし、伏せていればリコイル制御がしやすくなり、より遠くの敵もフルオートで倒しやすくなるので、使い分けが重要です。

実践や練習を通して、自身がしゃがみや伏せでリコイル制御ができる大まかな距離を知っておきましょう。ある程度、数をこなせば分かるようになると思います。

以上がリコイル制御の簡単な説明です。これが少しでも見てくれた人の助けになってくれていれば嬉しいです。